ナイトワークなら高収入を目指してみませんか?

お仕事は生活の中心になるものですが、だからといって1日拘束され、さらには思ったほど稼げない日々に多くの人がげんなりしているのではないでしょうか?
フルタイムで働くということは、1日8時間から9時間。残業もあるでしょう。移動時間もあります。
これらを総合的に考えると、寝ている時間以外はほぼ仕事に費やしていることになります。
これだけ時間を費やしながら30万にも満たない女性、多いのではないでしょうか。
低賃金で長時間働くおかげで「時間もお金もない」状況となってしまいますが、この問題を解決してくれるのがナイトワークです。
ナイトワークライフ

ナイトワークという働き方

ナイトワークの場合、働き方は自由ですがお店の営業時間そのものが長くはありません。
会社員の仕事が終わる時間頃から営業を開始し、日付が変わって間もなく営業終了するお店が一般的。
もちろんガールズバーのように長時間営業しているジャンルもありますが、大まかには5時間から6時間程度。
求人によっては1日2時間や3時間でもOKの所もあります。
しかし、短時間のお仕事でも収入に関してはフルタイムのお仕事以上です。
フルタイムの労働の場合、1日8時間で月給20万円。週に5日働くと仮定すれば日給1万円にも届いていません。
一方、例えば六本木でキャバクラバイトをした場合、1日4時間だとしても時給2,500円で日給1万円に届きます。
額面は同じでも費やした時間を考えたとき、どちらが「余裕のある生活」なのかが分かるのではないでしょうか。
また、ナイトワークは時給以外にも各種歩合があります。1日4時間程度でありながら日給にすれば2万円、3万円と稼いでいる女の子もいます。

 

お金も時間も欲しい方必見!

時間とお金の両方が手に入る。それがナイトワーク

フルタイムの場合、仕事の前にどこかで遊ぶことは難しいでしょう。
仕事帰りであっても翌日のことを考え、あるいはお金に余裕がないのですぐに帰宅する人も多いのではないでしょうか。
シビアな言い方ですが、フルタイムで働いていると時間にもお金にも余裕がなくなります。
一方ナイトワークの場合、1日数時間しか働かないので時間には余裕があります。
さらに、お金もしっかりともらえるので「時間にもお金にも余裕のある生活」が送れます。
仕事も決して難しいわけではなく、短時間だからこそ集中できます。
フルタイムでの働き方が悪いとは言いませんが、ナイトワークと比べるとあまりにも効率が悪いです。
ましてや時間は取り戻せません。
気付けば自分のやりたことを何一つできていないなと嘆いているフルタイム労働の女性はとても多いです。